あなたは「組織人」ですか??それとも…。

   

僕がそもそもブログによる情報発信を生業に選んだ理由は、幾つかありますが、

 

 

やはり「自分なりに色々と挑戦して、結果これに落ち着いた」というのが大きいと思います。

 

 

前回、「副」業などというものは存在しない。 でも書きましたが、

 

 

その業界で就職するような気持ちで始めないと、うまくいかないと考えています。

 

 

しかし、世の中にはいわゆる副業などをせずに本業だけで幸せな人生を送る事の出来る人もたくさんいます。

 

 

こういった人と僕は一体何が違うのだろう。ちょっとそんな事を考えてみました。

 


組織に属する事が出来る人はすごい

 

そもそも、会社でもNPOで「組織」に所属している人は、社会性や適応性がある「すごい人」だと僕は思います。

 

忍耐力や柔軟な考え方、あるいはストレス耐性などが全て備わっていないと「組織」に属する事はできない。

 

 

全て当たり前の事ですが、これって本当は凄い事だと思いませんか??

 

・コミュニケーション能力、気遣い

・営業力

・事務処理能力

・我慢、ストレス耐性

・柔軟な考え方、変化に対応する力

・提案力、リノベーションする力

・行動力

・PDCA

などなど。。。

 

 

「組織」に属しているだけで、求められる資質というのは実は20以上はあるのではないでしょうか??

 

営業力ひとつにしたって、BtoBなのかBtoCなのか、はたまた社内営業なのか。これまた色んな能力があります。

 

 

事務処理だって、ワードなのかExcelなのか、書類作成なのか手続きなのか、スピードとミスの少なさはどれくらいかなのか…なんて考えるとどこまでも細分化できます。

 

 

 

何が言いたいのかというと、

 

 

「組織」に属して頑張っているだけで、その人は十分すごいという事です。

 

求められる事が発揮できないと、人はバランスを崩す

 

先ほど、8つ程適当に「社会人」に必要な能力を挙げてみましたが、管理職になるとさらに項目は増えていくと思います。

 

しかも、本人がはっきりと自覚しないままに。

 

営業力が伸びない、事務処理を覚える事ができない、あの人のあの言動には耐えられない。

 

こういった「求められている能力に応えることができない。」状態が続くと

 

 

人はバランスを崩して、適応障害・鬱病や精神疾患を引き起こすのではないでしょうか??

 

 

現代日本で働いている時点で、めっちゃすごい

 

現代日本で働いている時点で、僕はめちゃくちゃ凄い。そんな風に考えると心が大分楽になると思います。

 

常に「組織」から要求される複数の事に対して、応え続けている。

 

僕は本当に凄い。よく頑張っている。

 

時折自分の働いている様子を振り返って、こんな風に自分を認めてあげる事が重要だと思います。

 


組織人なのか「それ以外」なのかという考え方をしてみる。

 

ピラミッドの頂点に立ちたい人は「組織人」

 

あなたは今の会社や組織で、出世したいですか?? ピラミッドの頂点に立ちたいと思いますか?

 

「おれは社長になる!!」というのは極端だと思いますが、

 

「このままいくと、○○年後には主任、○○年後には係長、定年時に部長になれたら人生安泰だな。」

 

みたいに漠然と感じている人は「そもそも組織人」だと思います。

 

 

ポイントは「無意識でなんとなく感じている事を、はっきりと意識する。」という事です。

 

 

「なんとなくこの会社嫌だな。でも成績もそこそこだし、このままいけば主任にはなれるな。」

 

 

っていう人は自分は「組織人」だという事をはっきりと自覚した方がいいという事です。

 

 

そして組織人としてのキャリアの中で、自分はどの能力を磨くのかというのをしっかりと決める。

 

 

そうすれば、自ずと力は蓄積されて、今の組織にずっといるにしても、転職するにしても生き抜く力はあると思います。

 

組織に属して「お先真っ暗」な人は、「自分で稼ぐ」力を。

 

僕の過去の経験を話させて頂くと、大学を卒業して1社目は医療機器の商社に勤めていました。

 

 

今思うと、1年間も続かなかったので本当に情けない思い出です。

 

 

その時は営業職で働いている先輩を見て「自分は絶対にこんな風にはなりたくない。」って強く思っていました。

 

 

とにかく先輩がしんどそうに「仕事が面白くない。辞めたい」とぼやいているのを聞いて特にそう思いました。

 

 

その時の僕は、「お先が真っ暗」でした。とにかく人生先が見えない感じでやりがいも感じられませんでした。

 

 

 

単純に、職場に憧れる先輩がいるかどうか。これは本当に大きいと思います。

 

 

もう一つ、自分が「この組織で出世したいのか」というポイントも大切かなと思います。

 

 

 

周りに認められて、役職が上がる場合もあれば、

 

 

実力主義で他人を押しのけてでも出世する場合もあるでしょう。

 

 

僕は当時の課長に「先輩・後輩・同期など全部なぎ倒して上を目指せ。助け合ったり、一緒に頑張ろうなどと思うな。」

 

 

と言われました。元来平和主義なので、僕は強く拒絶反応を示したのを覚えています。

 

 

その瞬間に僕は「この組織で出世する」というイメージが完全に崩壊しました。

 

 

今までの半生を振り返っても僕は「ことごとく組織人」ではないと痛感しています。

 

 

自分が組織人ではないと自覚した人は何をすべきか。「稼ぐ力をつける」答えはこれに尽きます。

 


一番しんどいのは、自分がどっちかはっきりしない場合だと思う。

 

「稼ぐ力をつける」というのは、何もいきなり起業せよと言っているのではありません。

 

いろんな「副」業を通じてプロフェッショナルを目指せという事です。これに関しては本気でやらないと結果は出ません。

 

一番しんどいのは、自分がどっちか分からないというパターンだと僕は思います。

 

 

「なんとなく会社はいやだ。できたら副収入ほしいなー。」っていうのが一番上手くいかない例だと思います。

 

 

とにかく自分を客観的に観察して、「どっちなのか」をはっきりさせること。

 

 

組織人なのか、組織に縛られずにプロフェッショナルを目指すのか。

現代日本人はこの二択で考えるとよいと思います。

 

 

もし漠然と悩んでいるのでしたら、自分に問いかけてみるのはいかがでしょうか??

 

 

一度しかない人生。お互い情熱を燃やして生きたいものですね!

 

 

ありがとうございました^^

 

 - 副業