これから必要とされるスキルは「創造性」 AI時代はこう考えるべし。

      2017/09/25

これからの数年で一気に人工知能が普及すると思いますが、「人工知能が人間の仕事を奪う」みたいな考え方ありますよね??

 

 

 

オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」 より引用

 

人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる—そんな衝撃的な予測をするのは、英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授である。

 

そのオズボーン氏が、同大学のカール・ベネディクト・フライ研究員とともに著した『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文が、いま世界中で話題となっている。

 

同論文の凄味は、702の職種すべてについて、コンピューターに取って代わられる確率を仔細に試算したことにある。言うなれば、これから「消える職業」「なくなる仕事」を示したに等しく、これが産業界に衝撃を与えているわけだ。

 

右に載せたのは、そうした「消える、なくなる」可能性の高い主な仕事である。いずれもコンピューターに代わられる確率は90%以上という驚くべき数字が弾きだされている。

 

ロボットや人工知能の普及は今後十年で凄い事になるのは、予想できますが本当に「人間の働き口はなくなる」のでしょうか??

 

実は歴史を振り返ってみると、これと同じような事が過去非常に心配された時代があるのです。

 

 

まずは、この重要な事実について語るTEDの動画をご覧下さい。

 

 

「アメリカでは1900年代、労働者のうち農業に従事する人の割合は40%でした。それが現在では2%に留まっています。

 

なぜそんなに農業従事者が減ったのか?もちろん食糧の必要量が減ったのではなく、機械が人間の労働にとってかわったからです。」

 

プレゼンターのデイヴィッド・オートーは中盤でこのように説明しています。

 

1900年代から農業生産性の向上によって、2百万人の農家が3億2千万人のアメリカ人に食糧を供給する事が可能となった。これはもの凄い進化ですよね。

 

機械化によって農業に携わる人が減った結果、余った人員と時間で人類は色んなものやサービスを発明してきました。

 

オートーが言うには、現在僕たちがお金を消費しているものって、100年前にはもの凄く高価だったものやほとんど存在しないものばかりらしいです。

 

 

例えば、スマホ・有料アプリ・電気自動車・仮想通貨とか。確かに言われてみればその通り、100年前にはないですね。

 

 

人間の創造性と欲望がある限り雇用は増え続けていく

 

1900年代前半の平均的な生活水準を現代で再現しようとするなら、「1年の内、3分の1」働けばいいそうです。

 

年間休日240日くらいで、隠遁生活ができる。現代からするとほぼサバイバルですがw

 

実際僕の住んでる田舎周辺にはそういう強者もいますが、多くの人はそういう生活をしたがりません。

 

なぜなら、「人間には限りない欲望があるからです。」これらの欲望が、100年前にはなかった発明を次々と生み出し、

 

更にそれに関わる人の雇用をどんどん生んでいった。

 

 

だから、農業人口が減っても「人を必要とする産業・業界」はなくなりはしないということなんですよね、きっと。

 

 

1900年代のアメリカより、現代のアメリカの方が雇用率が高まっていることからもそれはうなずけます。

 

 

めんどくさい仕事は減って、創造性が求められる仕事が増える

 

事務作業、データ入力などの単純作業は今後なくなっていくと思いますが、それに加えて自治体職員の数も減るでしょう。

 

アメリカの農業で起こったような、労働人口の縮小が色んな業界で起こるのは間違いないです。

 

しかし、それに対応するかのように「人を必要とする仕事はどんどん増えていく」

 

めんどくさい計算とか事務処理は人工知能にまかせて、人間は「創造・決断」の方に重きを置く。

 

創造性が求められる仕事は、今後もなくならないばかりか需要が増え続けていくと僕は考えています。

 

ブロガーもその内の一つ。ユーチューバーなんかも絶対になくならないでしょう。「自分独自の考え方、感性、発明、創造性」こそが最も求められるスキルになるはず。

 

10年先を見据えて実はブログを書いているのです(←ほんとかよ

 

 

  • マーケッター
  • アフィリエイター
  • データサイエンティスト
  • 人工知能をつくるプログラマー
  • 小説家・漫画家
  • ユーチューバー
  • お笑い芸人

 

などなど、「何その仕事?」とか「そんな仕事やめとけ」みたいな仕事が今後伸びると思います。特に面白いのが、ブロガーでもユーチューバーでも「個人がノーリスク」で始める事が出来る点だと思います。

 

 

どひくんは何がいいたいの?

 

 

要は、「AIに仕事を奪われる心配するくらいなら、創造性を磨こうぜ!!」っていう事を言いたい訳です。

 

 

ブログ書こうぜみんな!!

 

…すみません。今は「そんなもの必要ないよ」ってものでも、3年もすれば「誰もが欲しくなるもの」って絶対出てくると思います。iPhoneなんか特にそうじゃないですか。。

 

 

未来を予測して、「自分のスキル」を伸ばしていきましょう!!

 

ブログを書くという行為は

 

Webコンテンツ作成能力

マーケティング能力

アフィリエイトの能

 

などなど、色んなスキルを伸ばしていけるホットでなくなる事のない仕事だと思っています!!

 

未来を見据えて、動き出そう!!

 

 

どうもありがとうございました^^

 

 

 

 

 

 

 - 未分類