【2017年10月】初心者だけどGoogleアドセンスの審査に受かりました^^ 意識した事を挙げていきます。

   

Googleアドセンスの審査に受かりました。

どうもです。このブログは雑記ブログをやっていく中で、ウェブライティングやマーケティング、アフィリエイトなどのスキルを磨くために始めました。

 

いきなり特化型のブログを立ち上げる能力はないので、とにかく思いついた事を書きまくろうというスタンスで始めたのですが、

 

やればやるほど「今回は上手くかけた。」とか「うーん今回の記事は出来がイマイチだ。」とかいろんな事を思います。

 

そして継続していく内に少しずつ自分のレベルが上がっていく事を実感します。1ヶ月目はとにかく2,000字のボリュームを書く事で精一杯だったのですが、

 

今では、「3000字から5000字近いボリュームを作成できる」レベルにかなり近づいてきていると思います。「継続は力」と言いますが、やはり「やり抜く力」を意識する事が最も大切ですね。

 

そんな中、もうすぐブログを開始して2ヶ月というタイミングなので、Googleアドセンスをなんとか始めたいという思いが強くなってきました。

 

 

1度目は上手くいかなかったのですが、2度目の申請で広告を掲載する許可がおりました^^

 

 

現役バリバリでアドセンスで稼いでいらっしゃる方には本当に大したことではないと思いますが、自分の中では「とりあえずGoogleに認められた」という大きな経験でした。

 

 

ネットで検索してみると「Googleアドセンスの審査に受からない」という記事がかなり出てきますので、なぜ自分は今回成功できたのかを書いてみます。

 

 

アドセンス申請クリアは「簡単ではない」と認識していた

 

 

僕には「ブログで収益を得る」とか「アフィリエイトで成功する」などというのは、「簡単な道ではない」という意識が強くあります。

 

簡単ではないからこそ、時間とスキルの集積が必要。だからしっかりじっくりやれば必ず成果が出ると信じて、今もブログを書いています。

 

ブログで稼ぐというビジネスの中で一番大切なことは何か。それは「コンテンツを作り続ける能力」です。誰かの役に立つ、為になる文章を書き続ける事ができるかどうか。

 

この「コンテンツ作成能力」こそが最も重要なので、ブログ開始2ヶ月目までは収益をあげることは一切考えずに「自分は文章を書き続ける事ができるか」という点をひたすら意識しました。

 

「アドセンス 審査 落ちた」で検索すると、2016年からアドセンスの審査基準が厳しくなっている事が分かります。

 

Googleアドセンスの審査の話をする前に断っておきますが、審査基準が変更になり、本屋さんに並んでいる2016年以前の書籍や、2016年以前に書かれたネットの情報は役に立ちません。

さらに最新の情報を取り入れるためにも、2017年以降の情報を頼りにしましょう。

引用元:http://suzunoneiro.com/google-adsense-examination-fell/

 

 

アドセンスの審査基準を理解する為には、「Adsence プログラム ポリシー」を読んでのブログのクオリティを上げる・違反している部分に対しては修正する努力が必要です。

 

 

文章を読むのが結構しんどい場合は、動画もあります。

 

違反例について

 

著作権について

 

 

広告の配置について

 

 

 

ユーザー作成のコンテンツについて

 

 

審査基準が厳しくなった事について思う事

 

2016年以前であれば、

  • 無料ブログでも申請ができる
  • 記事数5〜10記事、文字数500〜1000字程度
  • オリジナルの内容かどうかはあまり問われない(審査がそれほど厳しくない)
  • つまり結構簡単に審査が通る

 

という事だったらしいのですが、僕がこのブログを書き始めたのが2017年8月なので全く参考になりません。審査基準が厳しくなった事について当初は、

 

 

「なんで俺がブログ始めるタイミングで審査が厳しくなるんだよ。やばいどうしたらいいか分かんないし、挫折しそうだ。」

 

 

みたいな感じでかなり絶望していました。そもそも知識がないので「クリアできるかどうか分からないという恐怖」と戦っていました。

 

 

しかし、ここで逆に「なぜ審査基準が厳しくなったか」という点を考えると「どうしたらいいのか」ということと、一番大切な「本質的なこと」が見えてきました。

 

 

アフィリエイト業界が「成熟」してきているという事

 

 

アフィリエイト業界は毎年10%程度で市場が拡大してきています。今後もこの流れは堅調に続くのは間違い無いですが、それに伴って「楽して簡単に稼げる」という意識で挑戦する人も増えます。

 

しかし「楽をして簡単に稼げる」というビジネスは本物ではなく、ハリボテの建物のようなものです。

 

あらゆるビジネスの本質は「じっくり時間をかけて、努力を伴うもの」でないと意味がないと思います。アフィリエイト業界が本物になればなるほど、

 

「大木をじっくりと育てる」ような気構えで取り組まないと成果は出ません。

 

つまり雑草のようなコンテンツでは、広告主から必要とされないという事。アフィリエイト業界は誕生してから20年ほどの歴史があるようですが、

 

業界が成熟した事によって「必要とされるコンテンツを作る能力」が求められるようになったという事ですね。

 

全くの素人の僕が意識した点

 

①とりあえず記事をいっぱい書く。ボリュームを意識する

 

とにかく、「2ヶ月目まではアフィリエイトの事は考えずに、いい記事をいっぱい書く」という事だけを意識しました。

 

僕の場合Googleアドセンスに申請した時点では、文字数2000字以上・記事数50以上でした。

 

アフィリエイトを指導している人によっては「30記事以上、1000文字以上」とアドバイスされている方もおられるようなので、ボリュームに関しては問題なかったという事でしょう。

 

②オリジナルのコンテンツを作ることを意識する。

 

毎回ブログを書くときは「自分の考え・体験・解釈」などを、誰かの役に立つことを常に意識しながら文章を書いています。引用だらけ、コピペだらけの記事では審査に通りません。

 

僕も結構引用を使って記事を書いていますが、引用は全体のボリュームの2割程度に抑えることが理想です。これに関してはまだ完全にできていないので、今後もっとクオリティを上げていきます。

 

 

③「もっとブログ上手くなりたい!!」という気持ちが1番大切。

 

僕たちは意識することでスポーツが上達したり、絵を描くが上達したりするように、ブログも意欲さえあれば上達するようになります。そしてブログはダラダラかけば上達するというものではありません。

 

「常にもっと上手くなりたい、もっと素晴らしいブログにしたい」という向上心が大切です。

 

もっとブログを上達させるためには「自分より遙かに優れた人」を観察し、技を盗み続けることが大切です。「自分より遙かに優れた人」を観察していると、いろんな事に気づきます。

 

いかに自分のブログがお粗末かに気づくのです。そして気づく事が出来れば成長し続ける事ができます。

 

常に学び続けて、学んだことをアウトプットし続ける。それが良質なコンテンツを作る「当たり前の」秘訣です。

 

 

100点満点出なくても、審査は通る。だからこそ。

 

僕のブログは、審査基準からすると100点満点ではないのは明らかです。今回審査基準について改めて勉強する中で、

 

「あ、これ著作権やばいんじゃね?」とか「もっと細かく引用元を明記せねば」とか反省点が結構あります。

 

つまり「正しいやり方」というのを勉強するとてもいい機会になりました。

 

特に著作権については突っ込んで勉強する必要があると猛省しています。随時修正すべきところはしなければなりません。

 

「全ては良い記事を作るために」ですね^^

 

  • 質はオリジナル、ユニークなものを目指す
  • 量はがっつり満腹を目指す(文字数2000〜5,000字、記事数30以上)
  • 著作権違反をしない
  • アダルト・暴力的表現などその他のポリシーに気をつける

 

これを踏まえてブログを作成・修正をしていけば僕よりも高い評価で審査に通る事は間違いありません。

 

まだまだ僕も大した事はない!!記事を修正せねば!!

 

もっとブログを上手くなりたい!そしてこの業界はなんて奥が深いんだ!!!

 

どうもありがとうございました^^

 

 

 - ブログ運営, 仕事論, 副業