腸活で幸せを摑み取れ!!失敗しないヨーグルトの増やし方を伝授します。

      2017/10/08

最近、腸活しようと思っている件

 

最近ストレスでめっきり太ってきたどひです。ダイエットするには「断食」するのが一番いいというのは頭では分かっているのですが、中々行動に移せていません。

 

このままでは、メタボ系男子になってしまう。ただでさえ運動不足なのに。

 

そうやってウジウジしてるとあることを思い出しました。「そういえば、俺ヨーグルトメーカー持ってたよな!」

 

1年ほど前にタニカ電気のヨーグルトメーカーを買ったのですが、あまり使ってなかったのでこれを機にヨーグルト断食男子を目指そうと思います笑

 

腸活するとポジティブになる件

 

ヨーグルトメーカーがあれば、ヨーグルトや甘酒を作ることができますが、これは健康やダイエットだけでなくメンタル面にもポジティブな影響をもたらすようです。

 

腸には善玉菌と悪玉菌とどっちつかずの日和見菌というのがいるらしいですが、なんと善玉菌がセロトニンを合成する役割を果たしているのです!!

 

人体中で最も多い90%のセロトニン量を保有するのが、じつは腸内。脳内には、たった2%しか存在しません。自閉症患者の大多数が、過敏性腸症候群など腸の疾患に悩んでいるといいます。

セロトニンと腸内フローラの関係性が、この点からも想像できます。セロトニンと腸内フローラ。これは、切っても切り離せない関係にあるものです。

なぜか?その理由を説明しましょう。セロトニンを体内で産生するためには、トリプトファンという必須アミノ酸の一種が必要。

 

これを分解することでセロトニンの原料となるのですが、セロトニン合成を体内で行う役割を果たしているのが腸内フローラを構成する細菌たち。

 

トリプトファンを分解するために必要なビタミンB6は食事からも摂取できますが、腸内フローラが合成する分が実際には非常に重要。

 

腸内フローラの活動が鈍化すると分解作業がはかどらず、セロトニンの供給不足が起きてしまいます。

つまり腸内フローラが正常な働きをしていないと、いくらトリプトファンを摂取しても十分な量のセロトニンはつくられないのです。

 

ちょっとややこしいので整理します。セロトニンとは幸せホルモンです。これが正常に分泌されていたらその人の人生は幸せ、あるいは順調に行っていると感じることでしょう。

 

そしてセロトニンを合成できるのが腸内フローラに存在する善玉菌です。その際、セロトニンを生み出すのに必要な必須アミノ酸がトリプトファンです。

 

 

 

 

腸内フローラを育てつつ、トリプトファンを意識して摂取しているとセロトニンが増えて幸せな人生が歩める、ということです。

 

ヨーグルトメーカーがあれば、人生バラ色!?

 

ヨーグルトメーカーがあれば、ヨーグルトを無限に作ることができます。材料はヨーグルトと牛乳だけ。

 

そして毎日ヨーグルトを食べて入れば、腸内からトリプトファンが吸収され腸内フローラによってセロトニンが合成され、「人生に対する満足感・幸せを感じる瞬間」が増えていくわけです。素晴らしいですね^^

 

僕はカスピ海ヨーグルトが好きでよく作っています。カスピ海ヨーグルトには他のヨーグルトにはない、「クレモリス菌」というのが存在しており、独特のトロトロ感が楽しめます。

 

作り方はいたって簡単。カスピ海ヨーグルトと牛乳を買ってきてヨーグルトメーカーに入れ、混ぜます。

 

 

あとは、温度(27度)と時間(6時間)を設定して放置。たったこれだけです。あとは6時間たてば、カスピ海ヨーグルトが牛乳を加えた分だけ増えています。

 

食べて少なくなれば、また牛乳を足して増殖させればいい。まさに無限ヨーグルトです。ヨーグルトは栄養価が高いので、プチ断食にヨーグルトを使うというのは賢い選択です。

 

とにかく、温度・時間管理はヨーグルトメーカーがやってくれるので人間がやることは入れて混ぜるだけ。

 

…ですが実は僕、うまく発酵が進まずに失敗したことが何回かあります。成功するとヨーグルトが安く大量に食べることができますが、失敗するとうまく発酵しなかった残骸だけが残りすごくもったいないことになります。

 

そこで、失敗しないためのポイントを書いておきます。

 

ヨーグルト作りを失敗しないためのポイントはいくつかあります。

 

その①必ず容器を殺菌すること。

 

ヨーグルトを増やす時にやってしまう失敗の一つが「容器を殺菌せずに、牛乳を入れてしまう。」ということです。殺菌というのは電子レンジで容器を1分ほどチンすることです。

 

洗剤で洗い流しただけでは実は不十分なのです。僕はこれがあまりわかってなかったので何度か失敗しています。殺菌せずにヨーグルトを作ろうとすると、まず失敗すると考えた方がいいでしょう。

 

逆に、「なぜうまくヨーグルトができないんだ、全く固まっていないぞ。」という時は、「殺菌し忘れてないか」ということを思い返してみてください。

 

その②脂肪分が多めの牛乳の方が良い

 

これは僕の経験則ですが、「脂肪分が多い牛乳」の方がうまくヨーグルトになりやすいと思います。よくスーパーで「低脂肪牛乳」が売られていますが、ヨーグルト作りに関していえばあまり適していません。

 

過去に何度か低脂肪牛乳でやろうとしてうまく行かなかった経験があります。ただ、完全に僕の経験則なので根拠がありません。

 

これに関しては、とりあえず「脂肪分が多い牛乳でやってみよう」っていう姿勢でいいと思います。

 

その③一人なら、1リットルの牛乳は多い

 

ヨーグルトメーカーあるあるで「作りすぎてしまう」というのがあります。僕ははじめ1リットルの牛乳をヨーグルトに変換してたのですが、毎日食べるのが結構大変です。

 

一人暮らしなら500mlくらいがちょうど良いと思います。

 

1人でヨーグルト1kg食べようと思ったなら、それなりの工夫が必要です。飽きないようにする工夫です。

 

方法としてはいくつかあります。

 

  • スムージーパウダーと混ぜる
  • ジャムを多用する
  • シリアルと混ぜる
  • ハチミツと混ぜる

 

などなどです。失敗しないポイントは「いかに食べきるか」というのも含まれると思います。せっかく作ったんだから、全て食べきりたいですよね^^

 

 

まとめ

 

  1. セロトニンを増やす食生活をしてると、幸せを感じることができる。
  2. セロトニンはトリプトファンからできる。
  3. トリプトファンはヨーグルトなどから摂取できる。
  4. ヨーグルトメーカーがあれば、ヨーグルトは無限に作れる。
  5. 失敗しないポイントは「殺菌」「脂肪分の多い牛乳」「食べきれる量と食べ方を考える」

 

です!!腸活でダイエットして、同時に幸せになってやりましょう!!

 

 

どうもありがとうございました^^

 

 

 

 - グルメ, 哲学・人間学