香川はうどんだけじゃないぞ!伝説の村「鬼無」の松盆栽がすごい!!

   

うどんだけで満足??香川に行くなら盆栽を買いに行くべき。

 

前回、無重力いちごがうますぎる件について記事を書きましたが、香川の魅力は食だけに留まりませんでした。

 

「いちご屋 スカイファーム」を出て車で15分くらい運転していると、道路標識の横に盆栽のイラストが。。

 

最近めっちゃ盆栽が気になってまして、普通の人ならスルーするようなイラストにも敏感に反応してしまいました笑

 

父親が昔盆栽の職人だったのです。幼い頃は小さい鉢に入った松がいっぱいある父親の仕事場で遊んでいました。

 

「なぜ香川県のこんな所に盆栽の看板が?もしかして有名なの??」と思って調べてみると。。

 

高松市の鬼無という地域は、なんと松盆栽の国内シェア80%を占めていることが判明しました。。

 

 

と言う事で、早々にデブ活を終了し鬼無へ向かうことにしました。食べ過ぎなのでもはや手遅れですがw

 

植物が好きなら、鬼無に絶対言ったほうがいいよ^^

 

鬼無に到着するまでの間、もう少しどういう場所なのか調べてみるとこんな説明文がありました。

 

鬼無(きなし)の地名のいわれは、その昔、鬼退治が行なわれて平穏な村になったという桃太郎伝説に由来するものです。現在、盆栽のふるさととして世界的に有名です。

鬼無の盆栽作りの歴史は古く、二百余年前、この土地の先覚者が瀬戸内海沿岸に自生する松を掘り、鉢植えに仕立てて販売したことに始まります。

そして次第にその松盆栽の人気が高まり、今日全国の松盆栽の80%がこの地で生産されるまでになりました。

また、海外へも多く輸出されるようになり、鬼無の盆栽は世界のBONSAIとしても有名になってきております。

さらに、昔から植木の生産と造園業も盛んで、盆栽の生産とともに歩み発展しつづけてきたこの地域は世界でも類い稀な大生産地です。

引用元:http://www.kinashi-bonsai.com/

 

なんと、桃太郎が鬼を退治したから「鬼無」という名前だったとは。。。

 

時間がなかったので行くことはできなかったのですが、近くには「桃太郎神社」や鬼の屍を埋葬した「鬼塚」があるそうです。

 

歴史好き・童話好きの人にも興味深い土地みたいですね^^

 

しかし、松盆栽の生産の80%を占めているとは物凄いことだと思います。香川県民は絶対これをもっとプッシュすべきですよ!!

 

この前埼玉で「世界盆栽大会」があったそうですが、今や世界中から愛好家がやってくる時代。

 

Bonsaiと言えば埼玉の大宮という認識を持っている愛好家は世界中にいますが、果たして鬼無の名は世界に届いているのでしょうか??

 

まだまだ香川には観光資源が眠ってる気がしてなりません。

 

さて、「やっぱりうどんだけじゃなかった。オラ、ワクワクしてきたぞ!!」とブツブツ言いながら車を運転していると、

 

着きました。そこはまさに松盆栽の聖地!!

 

 

松だらけ、松づくしの圧巻の光景です。さすがシェア80%ですな。

 

いくつか盆栽園が並ぶ鬼無の中で、今回お邪魔したのは神高松寿園という所です。

 

人見知りの僕ですが勇気を出して「見学させてもらっていいですか??」と聞いてみた所、快くオーケーもらえましたよ。

 

到着したのがすでに夕方だったので、この一箇所しか見学させて頂くことができなかったのですが、盆栽園は鬼無にいくつも並んでいます。

 

とてもフォトジェニックな光景なので、車で周遊するだけでもテンション上がりますよ。

 

さて、神高松寿園の松たちはさすが本場の盆栽だけあって、かっこいいのがいっぱいありました。

 

 

 

素晴らしい松の盆栽というのは、まるで歌舞伎役者が見得を切るようなポーズをとっているように見えます。

 

細かく手入れされているので、松の葉もフッサフサ。自然界ではこんなにふさふさの松はありません。

 

幹の太さもダイナミックなものが多く、大自然のエネルギーを凝縮したその佇まいは正に植物界の王です。

 

値段を見る勇気はなかったのですが、こんなもの所持してたらもはや大名ですよ!!

 

正に男のロマン。いつか僕もこういう100年越えの松を所有して大名になりたいです。

 

こんなスーパーアクロバティックな松もありました。どんな動きを加えて枝を伸ばしていくのかが盆栽職人の腕の見せ所。

 

まだまだ初心者なので知識がありませんが、松の型にも色々種類があるそうです。これを機に勉強したくなってきますね。

 

うん十万〜うん百万するような名品ばかりが並んでいますが、よく見るとちっちゃい可愛いやつもありました。

 

僕が購入したのは1500円のちっちゃいやつです。1500円なら気軽に盆栽を始めることができますね^^

 

今出先なので後ほど、僕が買った可愛い松アップします^^

 

じっくりみたら鬼無で半日は時間が過ごせるぞ!

 

いやー、予想以上の松盆栽にひたすら圧倒されてしまいました。実際1時間くらいしか滞在できませんでしたが、次回はもっとじっくりみたいです。

 

鬼無は高松市の栗林公園の近くにあります。

 

 

 

盆栽園が所狭しと並んでいるので、本気で鑑賞しようと思ったら半日は余裕で過ごすことができます。

 

ちっちゃい盆栽なら、初心者でも手が届きやすいですしね^^

 

たとえ1500円の盆栽でも一度購入したら、一生のお付き合いになりますよ。

 

植物が好きな人は是非、「世界一の松盆栽と植木の里 鬼無」を訪れてみてください!!

 

どうもありがとうございました^^

 

 

 

 - 未分類