「なぜ」お金を稼ぐのか答える事ができますか??4段階で考えてみたよ。

   

このブログは基本ノンジャンルですが、僕が発信していきたいカテゴリーの内で力をいれたいのが「人間学」です。

 

 

人間学っていうのは「人間は如何にして生きるべきなのか。」を追求する学問だと言えます。

 

人間はいかにして生きるべきなのか、ちょっと抽象的なのでもっと突っ込んで言うと、

 

 

「過去の偉人は何を思い、何を考え、どのように生きたのか。」という事に学ぶという事です。

 

 

成功哲学や「いかにお金を稼ぐか」という事は少し本屋でもセミナーでも行けば、いくらでも情報が手に入ります。

 

 

しかし、「人間は如何に生きるべきか。」は真剣に探さないと答えが出て来ないものです。

 

 

「人間は如何に生きるべきか。」という究極の問題に答える方法の一つが、哲学であり人間学です。

 

 

僕は大学時代哲学を勉強していました。その延長線上で今は人間学などの古典をベースに日々読書を続けています。

 


哲学のない人間は、根を深く張る事の出来ない木である。

 

現代社会の風潮として、文系の大学に出たならば「経済学・経営学・法学部」で勉強していれば社会に出て役に立つ。

 

 

だから、理系が苦手な人間は手堅く経営学を勉強しよう。

 

 

そんな風潮があると思います。僕はこれは完全におかしいと感じています。

 

経済学や経営学という学問は、「いかに利益を追求するか」という事に尽きると思います。

 

 

旧時代の西洋の感覚で言えば、利益が大きくなればなるほど社会は幸福になる。収入が大きくなれば幸福である。

 

 

西洋式の経営学・経済学しか学んでこなかった現代人の考え方にはそういった部分がまだ強くあります。

 

 

しかし、過去の日本の歴史を創ってきた偉人の生き様をひもとくと、

 

 

 

「本当のかっこいい生き方というのは、そんなものではない。」という事を知る事が出来ます。

 

人間学・哲学というのは大木で喩えると根っこの部分だと言えるでしょう。

 

経営学や経済学などは木でいうところの幹です。

 

人間としての根の部分が出来ていないままに、幹や枝葉を伸ばす事ばかり考えていれば、

 

そのうち木そのものが倒れるのは明らかな事だと思います。

 

 

「本当にかっこいい、本当に情熱的で、本当に幸せな生き方」というのは、

 

過去の歴史に学び、過去の人間に学び、堂々と地中深く根を張った、大木のような人間になることではないでしょうか?

 

 


「本物」は、生き方そのものが違う。

 

例えば、西郷隆盛という人物が明治期にいました。

 

テレビで見られた人もいるかと思いますが、政府の高官として月収1500万以上もらっていたのにも関わらず、

 

 

彼は家賃9万円ほどの家に住んでいたそうです。

 

 

しかも、家のスペースの大部分を「犬を飼うスペース」として使っており、自分が住むスペースは必要最小限だったそうです。

 

 

自分の飼い犬に「うなぎの蒲焼き」を食べさせて、鰻屋の店主に追い出されたり。。。

自分の贅沢と、犬の贅沢の区別がなかったみたいなんです。

 

 

こんな事、現代人の感覚として信じる事ができますか?

 

 

「月収100万円です、私ってすごいでしょう?」こういう自慢げな人結構いませんか?

 

 

例えばこういう類の人が、西郷さんのような「本物」と会話すると一体どうなるでしょうか。

 

 

自称月収100万「私はこんなにお金を稼いでるんです。すごいでしょう?」

 

 

西郷さん「それはすごいな。それで、君はそのお金でどうやって時代を創るか、聞かせてくれないか。」

 

 

きっとこうなると思います。果たしてこれに答える事のできるお金持ちが何人いるでしょうか。

 

「なぜ」自分はお金を稼ぐのかに明確に答えられるか

 

西郷隆盛にしても、松下幸之助にしても時代のトップを飾る人は「なぜ」お金を稼ぐのかという疑問に対して、

 

はっきりと答えを持っていたと思います。

 

 

「なぜ」お金を稼ぐのかという質問に対して、答えは4段階くらいあると僕は考えています。

 

①自分の幸福の為にお金を稼ぐ

②自分と自分の大切な家族の為にお金を稼ぐ

③自分と家族、そして自分が関わった人ができるだけ幸せになる為にお金を稼ぐ

④自分を中心に、社会全体・人類全体が幸福になる為に稼ぐ

 

大人物はみんな④だと思います。そして僕は今①です。

 

 

出来るだけ大きな目標を持ち、大きな志の為にお金を稼ぎたいと思います^^

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 未分類