山芋・オクラなどのネバネバ好きに朗報。相性抜群の麺を教えます^^

   

今日は久しぶりに実家に帰って墓参りに行ってきました。僕は淡路島の洲本市出身です。

 

最近、何かと観光客が増えている淡路島ですが帰郷する度に新しい発見があります。

 

淡路島と言えば、タマネギというイメージが強いですが実はそれだけではありません。他にも色々あるんです。

 

 

(ちなみに、玉ねぎは大きい程甘いです。)

 

そもそも淡路島は歴史的も食が豊かな島として知られており、朝廷に食糧を献上していた為「御食国(みけつくに)」と呼ばれていました。

 

 

 

なんと、今でも食糧自給率は100%を超えているんです。

 

 

海産物あり、畜産あり、野菜ありでとても食が豊かな淡路島。今回は知られざるグルメ「わかめ麺」について書きたいと思います。

 


君は麺類最強のツルツル感をもう体感したかい?

 

わかめが練り込まれた麺、「わかめ麺」皆さんご存知ですか??これ食感がすごいんです。使用されているわかめはただのわかめではありません。

 

 

 

淡路島の南部には鳴門海峡という日本一潮の流れがはやい海峡があります。あの鳴門の渦潮ですよね。

 

 

あの潮流に耐え抜いた肉厚で根が太った「ものすごいわかめ」

 

 

これが驚く程の食感を演出します。まさにもっちもちです。

 

 

井上商店さんのわかめ麺の説明より引用します。

淡路島南部、日本一潮流の速い鳴門海峡で収穫される「わかめ」は、
速い潮に流されまいと根太く育ち、肉厚で美味しく、美しい緑色をしています。

その「わかめ」をペーストにして麺に練り込むことで、わかめに含まれるアルギン酸の作用により
「ツルツルもちもち」の食感の麺が誕生しました。

 

もちもちの麺というのは、皆さんそれなりに食べられていると思いますが、わかめのヌルヌル成分「アルギニン酸」のお陰で、

 

 

今までにない、つるつるもちもち感を体感できます。

 

 

山芋、オクラなどのネバネバ系が好きな人は100%ハマります。

 

 

言うまでもなく、磯の香りがただようわかめ麺は山芋などのネバネバ系と相性抜群です。思い出しただけでもヨダレがでますw

 

 

 

ネバネバ系が好きな人は、断然トライするべきです。

 

 

例えばここに、山芋とかオクラとかを投入する事をイメージしてください。…たまりませんなぁ。

 

 

淡路島に来られた方は、もちろんお土産屋さんで購入する事ができますが、インターネットでも注文できます。

 

 

インターネットの注文はこちらから

 

 


僕は当時わかめ麺の事を知らなかった

 

 

淡路島に住んでいた頃は自分のふるさとの特産品、食文化などにはあまり興味がありませんでした。

 

 

大人になって、帰郷した時に出会ったのがこのわかめ麺です。

 

 

淡路のサービスエリアで、オシャレなパッケージのお土産がきらびやかに並ぶ中、

 

 

昭和っぽいパッケージに身を包んだ、無骨な彼は僕に無言に話しかけてきたのでした。

 

 

「おい君、君なら分かるだろう、本当にうまいものが何かを。流行を追いかけるのは簡単だが、飽きがこない本物の味に辿り着く者は少ない。」

 

 

 

また、小さな文章でこう書いてあった気がします。「私たちはこのわかめ麺を作り続けている。知名度は高くないが、胸をはってこれが淡路島の特産だと言い切れる。」

 

 

 

 

間違いない。これは絶対にうまい。僕は確信したのでした。

 

 

 

わかめ麺を作っておられる井上商店さんは、60年もの試行錯誤の末ようやくわかめ麺の製造に成功したそうです。

 

 

三代目守弘は、武男が昭和20年に応召してから、10代半ばでありながら麺類の卸売に回り、どんどんと客先を増やしました。昭和30年から60年は右肩上がりで売り上げが伸びました。

 

そうして武男の挑戦から始まり、数々の失敗や挫折を繰り返して、60年かけてやっと「わかめの麺」の開発に成功しました。

 

井上商店には商品開発の際「他社に無いものを作ろう」という考えがベースにあります。社員達で試作・試食を繰り返し、あっと驚くような商品開発を目指して挑戦を続けています。

 

井上商店さんがなければ、この世にわかめ麺は生まれていなかった。

 

 

こういう話は、感動するので大好きです。特に淡路島の企業なので断然応援します。

 

 


たまねぎスープもいいが、玄人はわかめ麺でしょう

 

淡路島と言えばたまねぎの比重が大きいのは否めませんが、僕は断然わかめ麺推しです。

 

 

理由は、「食べてみてシンプルにびっくりした。」からです。

 

 

え、めっちゃうまい。

 

 

ってなりました。そしてこの麺のレシピで広がる可能性を凄く感じました。

 

 

日本は麺類王国なので、これからどんどん井上商店のわかめ麺が全国に広がればいいと本気で思っています。

 

 

この記事を読んで、食べてみたい方。

 

 

Facebookでコメント頂けたら買って帰りますよ^^

 

 

 

どうもありがとうございました。

 

 - グルメ