女性は髪が命。女性用ウィッグにはお金をかけるべき理由について。

   

この前、考えさせられる出来事がありました。

 

先日家電量販店で買い物をしていた時、イベントをやっていたので何気なく立ち寄ったのですが、その時のキャンギャルが明らかに不自然な見た目でした。

 

キャンギャルと言っても見た目は40代くらい。全くギャルではありません。何が不自然だったのかというと髪の毛です。

 

一目で人毛ではない感じがしました。女性用のウィッグをつけているのが丸わかりというか、あまりにも質感がおかしいので「えっ!?」ってなりました。

 

男性のハゲは笑ってネタになるのでまだなんとかなりますが、女性の場合かなりデリケートな問題だと思います。

 

その方の薄毛が問題なのではなく、「ウィッグのチョイス」があまりにも不自然なのが可哀想に思いました。

 

 

この記事を書くかどうかかなり迷いましたが、もし女性で薄毛に悩んでいる方がいたら参考になるかもしれないので、思った事を書きます。

 

 

その方のウィッグを見て、「ここが不自然だった」というのを挙げていきます。

 

 

①肌の色と髪の色が違いすぎる。

 

まず、肌の色と髪の色が合っていないのが不自然さを際立たせていました。その方は比較的白い肌だったのですが、髪の毛は真っ黒でした。

 

言葉ではうまく言えませんが、「肌に合う髪の色」ってあると思います。

 

これは写真で説明しないと分かりにくいですが、もし女性用のウィッグを検討している方がいるなら、肌と髪の色が合っているかを意識したほうがいいです。

 

ネット通販で女性用ウィッグを試着・返却できる所はあります。一度試着してみて、髪の色が肌とずれてないか確認したほうが絶対にいいです。



 

②生え際・毛先が不自然。思い切ってオシャレした方がいい。

 

一見して、「ん?なんか髪の毛がおかしい」と思ったのは、髪の毛先がべたっと一直線になっていた事でした。更に見上げると髪の生え際が一直線になっていました。

 

要するに「自然に生えた毛では、こうはならない」というのが一目でわかってしまったんです。

 

肌の色と髪の色がずれている、更に生え際と毛先が不自然。これはなんともいたたまれないです。

 

その方の場合、おかっぱ頭みたいになっていた事が致命的だったとも言えます。どうせウィッグを使うなら、オシャレに毛先に動きがあるものを選んだ方がいいと思いました。

 

毛先に動きがある方が、自然に見えるし「セットした髪型」に見えるからです。今流行りのふんわり感を演出したほうが絶対にいい。

 

女性の場合、薄毛だからと言ってそれを隠すような気持ちでウィッグをつけるのは逆効果です。思い切りオシャレをする為に、女子力を上げる為にウィッグを「活用する」べきです。

 

③髪の質感が変だった。

 

安物のウィッグをつけてしまうと、ナイロンっぽいツヤが出てしまい不自然さが倍増します。これでは、せっかく肌にあった色でふんわり感があっても台無しです。

 

今回の記事を書く為に女性用ウィッグについて調べてみました。質感をナチュラルにする為には人毛の方がいいのですが、

 

長期的に使うには、人毛と人工毛が混ざったものを買った方が長持ちするそうです。良いものは20万〜30万円ほどするようですが、やっぱり安物のウィッグは辞めといた方がいい。

 

もし安物のウィッグを買ってしまったなら、悪い意味でその人に「視線が集中」します。そのキャンギャルの女性もそうでしたし、何よりターゲット層のお客さんが近づかなくなっていました。

 

男子は禿げてしまった場合、最悪丸坊主にすればなんとでもなります。でも女子はそういうわけにはいかないでしょう。

 

とにかく品質がいいものを使用しないと本当に辛いことになります。

 

信頼できる人に意見を求めた方がいい。

 

薄毛で悩んでいる女性がもしウィッグを買ったのなら、付けて街に出歩く前に「不自然かどうか」客観的な意見を聞いた方がいいです。

 

本人が思っているよりも不自然な場合があるからです。自分で自分の頭を360度見ることなんて出来ません。

 

だからこそ、試着した段階で絶対に信頼できる人に意見を求めた方がいいです。男性のかつらは指摘しにくいですが、女性ならより一層言いにくいです。

 

裏でコソコソ言われるような悲しい思いをしない為にも、信頼を置ける人の意見を絶対に聞きましょう。

 

 

コンプレックスではなく、オシャレの武器にすべき

 

女性の薄毛で男性と違うところは、「ウィッグがオシャレの武器になる」という事です。コンプレックスを隠すのではなく、「新しい自分になる」為にウィッグを活用した方がいいでしょう。

 

薄毛とか関係なく、単純にファッションとして新しい髪型を楽しむ。これが正解だと思います。

 

  1. ウィッグを買う前に必ず試着する
  2. 肌とあった髪の色を選ぶ
  3. 生え際と毛先が自然なものを選ぶ
  4. 人毛と人工毛が混ざったものを選ぶ
  5. 最後に必ず客観的な意見を聞く

 

この5つのポイントを守れば、必ずオシャレな自分に変身できるでしょう。女性の薄毛はコンプレックスではなく、その人にとって新しい自分を楽しむチャンスではないでしょうか。

 



 

 

自然なウィッグはその人の可能性を広げてくれる素晴らしいアイテムだと思います^^ 失敗しない為にも、上記の5ポイントを意識してみてください。

 

 

どうもありがとうございました^^

 

 

 

 - 未分類