仕事が出来ない、才能がない。凹んでる時は、まず気力を回復させる方法を考えてみよう。

   

才能がないって悩んでいるあなたへ

 

仕事でも何でも才能がある人とない人では、結果が全然違う。これは特に営業の仕事をやっていると感じることです。

 

同期は、どんどん仕事ができるようになっていくのに、自分はなかなかうまくいかない。世の中にはそういう人が物凄く多いのではないでしょうか?

 

かくいう僕も、何か突出した才能がある訳ではありません。むしろ平々凡々の人間です。周りには自分よりも仕事ができる人間ばかり。

 

「俺って、何やっても才能ないんだよな。」と悩むことも良くあります。

 

そんな時、僕は本を読むかGoogle先生に助けを乞います笑  昨日少し凹むことがあったので、「才能がない」とGoogleで検索してみました。

 

すると、こんな結果が。

 

 

武井壮さんの名言が2番目に出てきました。

 

 

「才能がないのは、才能を育てる気力がないだけ」という考え方

 

 

僕は才能がないから、って言う人は才能が無いんじゃなくて才能を育てる気力が無いだけだよな。。 運動のセンスがないから、って言う人は自分の身体を動かす感覚を本気で磨いた事がないだけ。。 あなたは特別だ、なんて言う人は自分で人より何百倍も積み重ねた特別な経験がまだ無いだけ、なれるよ。。

引用元:https://togetter.com/li/1129657

 

武井壮さんの、ツイッターの呟きみたいですが、この考え方に僕はとても救われました。

 

 

才能がないのではなく、「才能を育てる気力がない。」まさに凹んでいる時の自分に当てはまります。

 

才能があるとかないとかいう以前に、そもそも元気がないのでした。何かを持続させる気力がない。

 

周りと自分を比較すると、これまでの経験から落ち込むことが多いです。そして自分がこれまでやってきた事を否定するかのようなネガティヴ思考になっていました。

 

 

まずは気力を取り戻さないと、元気が出ないと「才能は伸びない。」という事ではないでしょうか。

 

 

「才能がない」と感じるとなぜ元気が出なくなるのか

 

 

自分の考え方を客観的に書き出してみる

 

 

営業の才能や、物を作り出す才能など世の中にはいろんな才能があると思いますが、全て時間をかけてじっくり育てていくことが本質だと思います。

 

しかし、自分が周りと比べて「才能がない」と思ってしまうと、自己否定に陥って自分には価値がないと考えるようになってしまいます。

 

 

結果、元気が無くなってどんどんパフォーマンスも下がっていく。

 

 

これでは悪循環ですよね。まずはこの思考回路を抜け出さないといけません。

 

 

その為には、「自分の価値は、今の自分の才能とは全く関係がない。自分には素晴らしい価値がある。」という考え方にシフトしないといけません。

 

 

「今の自分の才能は、本来の自分の価値とは違う。時間と情熱を持ってすれば必ず才能は伸びる。必ず結果は出る。」僕はこのようなポジティブな考えをできるだけ「声に出して」言うようにしています。

 

 

声に出して言うことは頭の中で流れているネガティブな思考をかき消すのに有効です。とにかく元気を出す為には、「頭の中の雑音」を消して自分を肯定するしかないのです。

 

 

才能がない時、壁にぶつかった時、人生のいろんなシーンで元気がなくなる時はあると思います。そんな時はアファーメーションの力「言葉の力」を使ってみてください。

 

 

どんな状態の自分でも、自分には価値がある。自分を大切にする。

私はこれまで幾度となく、立ち上がってきた。私は粘り強い。

何度倒れても立ち上がる事ができる、何度でもチャンスはある。

本来の私は、元気溌剌で愉快だ。

などなど。。

 

 

何でも良いと思います。とりあえず「声に出して」自分の気力を回復させる事に専念しましょう。

 

 

自分の価値を信じられない時はどうすれば良いのか

 

 

自分にはまだ眠れるダイヤのような価値がある。継続して努力すれば必ず成功して、充実した人生を送る事ができる。

 

こういった考え方には「自己肯定感」が必要です。自分は価値のある人間だと言う信念です。

 

しかし、「自分の価値を信じれない」場合はどうすれば良いのでしょうか??結局の所、自己肯定感や自分の価値を信じる事ができればその人の人生をうまくいくはずなんです。

 

 

自己肯定感がある→元気が出てくる→才能を伸ばす努力・情熱が出てくる→結果につながる

 

 

全ては自己肯定感から始まります。これが究極です。

 

自己肯定感を育む為には、自分を認める・褒める習慣をつける事が大切です。

 

とにかく自分を褒める、認める日記を書きまくる

 

「ほめ日記」はみなさんご存知でしょうか??

 

詳しくはこちらから。

 

簡単に言うと毎日日記を書く中で「自分を10個褒める」と言うシンプルなものです。ポイントは、どんな些細なことでも良いので褒めるという事。

 

・朝目が覚めた、体が元気で素晴らしい。

・ちゃんと朝ごはん食べれた、規則正しく出来ている。

・人の話を聴きながら仕事を進める事ができている。

・笑顔を意識して接客ができた。素晴らしい。

 

など、小さな事で自分を認め・ほめ続ける事で「自己肯定感」は育まれていきます。

 

 

これを続けていく事で、気持ちはスッキリするしネガティブを抜け出す事ができるでしょう。

 

 

まとめ

 

  1. 才能がないのではなく、才能を育てる元気がない
  2. 自分の価値を認める事ができないから、元気が出ない
  3. 自分の価値を認める為には、どんなに小さなことでも自分を褒める、認める
  4. 自己肯定感→元気→才能が伸びてくる→結果につながる

 

仕事で行き詰まった時、才能がなくて落ち込んでいる時、誰かの助けになれば良いと思って僕の考えをまとめてみました^^

 

 

参考になれば幸いです。

 

 

どうもありがとうございました^^

 - メンタルヘルス, 仕事論