「自分なんてダメだ」死にたくなった時に僕がやっている方法。

      2017/09/10

「自己肯定感」って大切だなーって日々実感しています。

 

 

自分の事を大切に思う気持ち、自分には価値があるという実感。これが少ないと人は自分で自分を責めてしまいます。

 

 

特に僕は長男なので、「責任感」というものを強く感じやすく、悩んだり苦しんだりする事が多いです。

 

 

自分の理想と現実の自分とのギャップ。これがとても苦しい。

 

 

長子っていうのは無意識的に「自分は家族の代表だ。」みたいな所がどうしてもあるんだと思います。

 

 

常識的に考えて、自分はこうじゃないといけない、とか。

 

体裁を考えると自分はここでは我慢しないといけない、とか。

 

 

「〜しなければいけない。」とか「〜であるべきだ。」で自分をがんじがらめに縛り付けて、自分らしく生きれなくなってしまいます。

 

 

これを僕は「長男病」だと名前を付けましたw

 

 

この病はとにかく根が深いです。なにせ生まれた時から無意識に家庭環境によってすりこまれたものですから。

 

 

自分が楽しいのか、嬉しいのかといった感情ではなく、

 

これが皆にとっていいのか、世間にとって正しいのかばかり考えて仕事や環境を選んでしまうのです。

 

 

責任感や正しさばかり追い求めていると、自分を見失います。そして自分の事が嫌いになります。

 

世の中には僕みたいな人が山のようにいると思います。

 

 

心の安定を得る為にも「自分なんかダメだ」から「いや、おれはよく頑張っている。今日も元気だ。」

 

 

という方向になんとか持っていきたいものです。

 

 

そこで今回は僕がやっている方法をシェアします。

 

 

 


自己肯定感を高める方法

 

「自分には価値がある」と思って毎日働きたい・生きたいと誰でも思っていると思います。

 

しかし、「マジで死にたい」時は体さえ動きません。そんな時は呼吸からやるのがベストです。

 

 

とりあえず深呼吸する

 

「自分なんてダメだ」「死にたい」と思ってるとそもそも何かをする元気がありません。こういう時こそ、

 

鼻から吸って、鼻から吐く深呼吸をしましょう。

 

まずは、出来るだけ長く鼻から吸って鼻から吐く。とにかく体さえ動かすのが嫌な場合でも呼吸なら何とかなるはず。

 

 

10回ほど、深呼吸をすれば少しずつ心に余裕ができるはずです。

 

 

次に片鼻式呼吸というのをやってみましょう。これで大分神経が整うはずです。

 

 

 

片方の鼻の穴から息を吸い、吐く。これを交互に行う簡単な呼吸法ですがやればやるほど心が安定してきます。

 

 

心を安定させた上で、「自分を認める・自分を褒める」というのをやっていきましょう。

 


 

自分が出来ている所に目を向ける

 

当たり前に出来ている事を書き出してみる

 

・朝起きる事ができた

・ご飯を食べる事が出来る

・体が健康だ

・毎日頑張って仕事をしている

・言われた事をちゃんとやっている

・家族を養っている

・社会のルールをまもっている

 

など。なんでもいいので「今自分ができている事」書き出してみましょう。これは「当たり前の事」ほど書き出した方がよいです。

 

 

当たり前の事が出来ているという事ほど、大切な事はないからです。当たり前の事を認める・褒める事によって深い自己肯定感を育む事が出来ます。

 

書き出した事を認め・褒める

 

・朝起きる事ができた。今日も一日生きる事が出来ている。素晴らしい。

・ご飯を食べる事が出来る。内蔵が働いている。ありがたい。

・体が健康だ。毎日自動で生きている細胞に感謝しよう。

・毎日頑張って仕事をしている。努力家の自分は本当にすごい。

・言われた事をちゃんとやっている。出来ていない人も多いのに、素晴らしい。

・家族を養っている。自分には価値がある。だから家族がいる。

・社会のルールをまもっている。犯罪も犯していない。僕はまともだ。

 

 

こんな風に、自分が書き出した事を認め・褒めるようにしましょう。自分を認める事、自分を無視しない事がとても大切です。

 

 

どれだけ努力していても、自分を評価せず無視しているなら、苦しい状態から抜け出す事はできません。

 

 

こんなんじゃだめだ、と思う前に「上手くいっている事の方が多い」という事に気づきましょう。


 

念仏のように、「大丈夫」と唱える

 

口に出して「大丈夫」と100回言う

 

これはかなり効きます。ポイントは口に出して言う事です。

 

「大丈夫。大丈夫。絶対大丈夫」とぶつぶつ100回ほど唱えてみましょう。神経が太くなっていくというか、心が安定する・強くなるのが実感できるはずです。

 

 

大丈夫というのは、スーパータフネスという事です。本当の自分は生命力に溢れているし、力に溢れている。

 

 

そしてユニークさの塊です。

 

 

大丈夫というのは「私は全てに打ち克つ。そして私は護られている。」という意味だと僕は解釈しています。

 

 

必ず道は開けるし、自分には認めれること・褒めるべき点がおおい。そして大体が上手くいっている。

 

 

呼吸→自分を褒める→「大丈夫」と100回言う。

 

 

とにかくこの順番でやると、大分心が安定してきて「自分には価値がある」という気分になってくると思います。

 

 

 

今回は「自分なんてダメだ」って思っている人に対して記事を書いてみました。

 

 

ピンチの時は深呼吸からやってみてください。

 

 

ありがとうございました。

 

 - メンタルヘルス