この世に「副」業は存在しない。僕が結果が出なかった理由とは。

   

僕はこれまで、副業を色々トライしてきましたがことごとく挫折してきました。

 

情報商材のアフィリエイト、Amazon転売など色々試すのは試すのですが、

 

ことごとく結果は出来ませんでした。

↑全然あかんやん、の図

 

もうすぐ30歳になりますが、20代を振り返ってなぜ僕が稼ぐ事ができなかったのかを改めて記しておきたいと思います。


まずは意識の問題。「副」業だと思っている限り稼ぐ事はできない

 

本業・副業という言い方をしますが、そもそもこの言葉自体に問題があると僕は考えています。

 

転売でもアフィリエイトでも「副」業だと思ってトライして結果が出ないと

 

 

「本業があるから時間が取れない。」

 

「世の中そんなにうまい話はない。」

 

「そもそも副業で稼げない人は山のようにいる。これが普通だ。」

 

などという、言い訳ばかりが頭の中に出てきます。それはすべて「副」業で手軽に誰でも簡単に稼げると思っているからです。

 

「誰でも年収1000万のビジネスあるらしいよ。」

 

 

 

サブとか副だと思っていると、どうしても「手軽に簡単に時間をかけずに」結果を出したがります。

 

しかし落ち着いて考えてみるとこの意識のあり方では成功しないのは明らかです。

 

 

例えば、アフィリエイトというのは広告をブログとかホームページに貼付けて、その広告から契約が入った場合お金が入るとう仕組みですよね。

 

 

このビジネスモデルの最もメジャーなものは「テレビ」です。

 

 

僕たちは、NHK以外の番組にお金を払っている訳ではありません。テレビ局はCMからお金を得ています。

 

 

何が言いたいのかというと、

 

 

アフィリエイトというのは「テレビ局を運営するような本気の気持ちがないと上手くいかない」という事です。

 

 

ブログとは即ち、一人でテレビ局をやるようなものである。

 

 

例えば、Amazon転売というビジネスがありますが「転売」という言葉が軽く聞こえて、誰にでも出来そうな気がします。

 

しかし、結果を出そうと本気で思うなら、

 

自分はスーパーマーケットや家電量販店のような「小売業」で起業して必ず結果を出す。

 

くらいの気持ちがないと上手くいかないのではないでしょうか?

 

 

やるなら、その道のプロを目指せということ

 

 

つまり、「副業」だと思ってやるのでは結果がついてこないという事です。

 

 

「いずれ本業を遥かに超える収入を作る。今は副業に見えているだけだ。」という気持ちが大切じゃないでしょうか。

 

自分はこの道のプロになる。これで独立する。

 

 

これくらいの気持ちがないと、そもそも副業の収入にさえならないと思います。

 


 

突き抜けて行動することが成功の条件

 

ちょっとした「お小遣い稼ぎ」で稼ぐならば、本業意外にもコンビニでバイトするのが一番いいです。

 

「毎日5分で月収30万円」というのは、そもそも力がある・資本がある人がさらにお金を吸い取る為に、

 

お金のない人から吸い上げる仕組みだと思った方がいい。

 

自分は「仕掛けている」のか「仕掛けられているのか」というのを常に意識した方がいいと思います。

 

アフィリエイトや転売、ネットワークビジネスなど個人が始める事のできる「副」業は幾つかあると思います。

 

しかし、ある程度のまとまった結果を残すためには、これまでの自分では考えられないくらい

 

 

「常軌を逸した突き抜けた行動が必要になってくる」

 

と最近では考えるようにしています。

 

ドーピングしてでも金メダルとるような気持ちで。

 

・ブログアフィリエイトなら毎日確実に2記事書く

・転売なら、クレジットカードが限度額になるまで仕入れる

・ネットワークビジネスなら毎日1人知人に合って話をする

 

 

どれもこれくらいの「常軌を逸した突き抜けた行動」をすることが理想になってくるのではないでしょうか??

 

 

ビジネスというのは、ある程度行動が突き抜けると結果が出てくるのですが、

 

 

行動が中途半端だったり、結果が出る前にやめてしまうと「ゼロ」なんです。

 

 

ここを突き抜ける覚悟を持つ為には「その道のプロになる」という志と情熱がないと厳しいと思っています。

 

 

そして「その道のプロになった際に何が見えるのか」を常にイメージすることが大切ではないでしょうか??

 


自分で稼ぐ事が出来ればその先は自由な世界が待っている。

 

・プロブロガーであれば、自分の好きなコンテンツを創って十分な収入を得る事が出来ます。

・転売で成功すれば、世界中で輸出入するようなビジネスも視野に入ってきます。

・小説家や漫画家で成功すれば、自分の創造力で大きな収入を得る事が出来ます。

 

世の中には、色んな成功パターンがあると思いますが、共通点があるとすれば

 

 

・普段の自分では考えられないくらい、集中して夢中になってやっている。

・周りがなんと言おうと、継続してやっている。

・成功した時の様子をありありと想像している。

 

 

こういった事があげられるのではないでしょうか??

 

 

つまり、やるならプロを目指せ!!

 

 

この世に「副」業などない。それはプロに失礼だ!

 

 

という事を僕は言いたい訳です。

 

 

サラリーマンで、安定していてボーナスもあるという人は「副」業に手を出すのは辞めた方がいいでしょう。

 

しかし、自分は給料も低くてボーナスもない、という人は自分が合うビジネスを見つけ出して、

 

 

「自分はどの道のプロになるのか。」という覚悟を決めなければならないと思います。

 

 

もちろん、やってて楽しいのが一番なので、

 

 

 

文章を書いてて苦にならない(←僕です)

モノを仕入れるのが楽しい

口コミで物を紹介するのが好き

 

 

などやってて楽しいことからプロを目指すのがよいと思います。

 

 

もし、現状の給料に不満があるなら、「副」業を通じて、

 

 

あなたな何のプロになりたいと思いますか??

 

 

 

その先にあなたの才能が爆発する未来が待っているはずです。

 

 

 

どうもありがとうございました^^

 - 未分類